9-自営業は一番自由から遠い職業・・・

86e9e9f18dd1bbc00ead427e36f36953_s

 

自営業は一番自由から遠い職業なのか・・・

 

 

前回の内容では自由人と不自由人についての見解がありました。
自由という響きが人間にとって好印象な言葉のは頷けるしだれでも自由を
夢見て生きている。

その自由人になることが一つの困難でありノウハウであり、すがりたい所
であったりするわけです。

「えっ? 俺なんて才能も、金もない平凡な男とですけど・・」自由には
程遠いと思う人が大半なのではないでしょうか?

だってですよ、自由人の仕事として挙げられている
流行りのレストラン、印税をもらう作家や画家、特許やライセンスを持っている人
不動産からの収入、投資からの配当で収入を得ている人とある。
083b6bfd14c6c9d65205eacf4938f316_s
これってすでに難しい問題ではないですか?
俺って無理なのではないか・・・?

次に今回は自営業と呼ばれる仕事、つまり商売をやったり、会社勤めから離れて
自らのビジネスで生計を立てる人々の事です。

自由人になるためには、会社から離れなければならない、そして自営業を考える。

するとどうであろうか・・、書籍では
「自営業は、自由人からもっとも遠い人たち」と言っているではないか?

理由としては新規の客を探したり、クレーム処理に時間を費やしたり、落とし穴も
多いという事だが一番はやはり全てを自分で責任取らなければならない事でしょう。

しかし・・・

会社員、公務員は早く離れたほうが良い職業、医者も弁護士もダメ、そして
自営業はなんと自由人から一番遠い存在とある・・・、
d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s
はあぁ? それってやれることないんですけど?
いきなり投資家にはなれないのですけど?
いきなり画家になんかなれないのだけろども?

いきなり不動産なんか買えるお金なんてない・・・。

書籍の中の自由人提議で自分としてやれる事は・・・、
というより才能うんぬんより一番現実的な仕事はなにかと考えた・・・。

不思議だが、ひとつの職業に思い当たった。

これも自営業といえば自営業?と考えてしまうが
私は作家を思いついた、面白い内容が書けなくても書く事は可能、
売れなくても書く事は自由・・・。

そう、それしかないのではないか?

人の役に立つ作家になる、小説などのつくり話ではなくノンフィクションの
現実話を伝えていく作家・・・

良くないか? う~ん素敵な仕事だ! おれも自由人になれるか?

そして、私はこのブログを書く事にした。
書籍の中身を実践し、本当の気持ちや情報を伝えていく仕事。

収入?
あるわけないでしょう・・・。
9d812916518905a597020131d0c6a728_s
でも、これからです。色々と情報を集めて役に立つように作り直す
そして伝えていき人の助けになる。
私はそんな仕事を目指してがんばっていきたい。

*2008年3月7日

関連記事

return top